第84回信州牛見本市優良賞獲得牛肉

7月17日に開催された「第84回信州牛見本市」で購入した信州牛の解体作業が終わり入荷が始まりました。

出品された選りすぐりの信州牛枝肉約30頭の中で第3位の高評価に当たる『優良賞』を獲得した信州牛です。


名号 蟹桃45 

品種 黒毛和種 性別 去勢

父:百合白清2 母の父:百合茂 母の祖父:安平

生産者:荒井伸吾(上水内郡飯綱町)

格付け:A-5(BMS12)

オレイン酸値:64.0%


霜降りの度合いを12段階で示すBMSは最高値の12

上質な脂肪の証拠でもあるオレイン酸値は驚異の64%

日本各地の有名な銘柄牛でも55%あれば上質とされていますので、この64%がいかに凄い数値かと、言う事です。

この数値は、しつこくないスッキリとしたし脂(霜降り)であると同時に、旨味のある味わい深い最古の和牛だと言う事を証明しています。


この信州牛は少し休ませて、8月初旬からお盆にかけて販売いたします。