食べ方で選ぶ

ステーキ

Steak

おうちで食べる御馳走の一つといえば「ステーキ」。食材も調理法もシンプル故に食材の選び方や焼き方が難しいですよね。お肉本来の旨味が一番ダイレクトに感じられるステーキを、ぜひ味わっていただきたいんです!

loija-nguyen-NYBnDWeOX2c-unsplash
press to zoom
junior-reis-G3giNPjjB18-unsplash
press to zoom
1/1

​牛肉

リブロース、肩ロースなどのロースの部位やサーロインは脂身を適度に含みます。サシを楽しみたいという方にはこういった部位のステーキがおすすめです。特にリブロースは脂身に甘みがあり肉質がきめ細かく柔らかいと、サーロインに並んで美味しい部位とされています。肩ロースは牛肉らしいほどよい食感があるので、噛むほどにお肉の旨みを感じられます。

豚肉

豚肉の部位は大まかに分けると「ロース」「モモ」「ヒレ」「肩ロース」「バラ」の5種類に分けられます。その中でステーキに適しているのは

すき焼き

Sukiyaki

エゾ鹿肉でも特に肉料理好きの方におすすめの調理法です。特に上田のエゾ鹿肉はクセの少なさとお肉らしい味わいを楽しめると評判。赤身肉でさっぱりした味わいなのに旨みたっぷり、ジューシーなのに飽きの来ない上品さという声をいただいています。ベリー系の洋風ソース、醤油ベースの和風ソース、塩やわさびでシンプルに…とさまざまな味わいでどうぞ。

DSCF4333
press to zoom
4685225_m
press to zoom
1/1

​牛肉

リブロース、肩ロースなどのロースの部位やサーロインは脂身を適度に含みます。サシを楽しみたいという方にはこういった部位のステーキがおすすめです。特にリブロースは脂身に甘みがあり肉質がきめ細かく柔らかいと、サーロインに並んで美味しい部位とされています。肩ロースは牛肉らしいほどよい食感があるので、噛むほどにお肉の旨みを感じられます。

豚肉

豚肉の部位は大まかに分けると「ロース」「モモ」「ヒレ」「肩ロース」「バラ」の5種類に分けられます。その中でステーキに適しているのは

しゃぶしゃぶ

Shabu-shabu

エゾ鹿肉でも特に肉料理好きの方におすすめの調理法です。特に上田のエゾ鹿肉はクセの少なさとお肉らしい味わいを楽しめると評判。赤身肉でさっぱりした味わいなのに旨みたっぷり、ジューシーなのに飽きの来ない上品さという声をいただいています。ベリー系の洋風ソース、醤油ベースの和風ソース、塩やわさびでシンプルに…とさまざまな味わいでどうぞ。

4305426_m
press to zoom
1/1

​牛肉

リブロース、肩ロースなどのロースの部位やサーロインは脂身を適度に含みます。サシを楽しみたいという方にはこういった部位のステーキがおすすめです。特にリブロースは脂身に甘みがあり肉質がきめ細かく柔らかいと、サーロインに並んで美味しい部位とされています。肩ロースは牛肉らしいほどよい食感があるので、噛むほどにお肉の旨みを感じられます。

豚肉

豚肉の部位は大まかに分けると「ロース」「モモ」「ヒレ」「肩ロース」「バラ」の5種類に分けられます。その中でステーキに適しているのは

焼肉

Korean barbeque

エゾ鹿肉でも特に肉料理好きの方におすすめの調理法です。特に上田のエゾ鹿肉はクセの少なさとお肉らしい味わいを楽しめると評判。赤身肉でさっぱりした味わいなのに旨みたっぷり、ジューシーなのに飽きの来ない上品さという声をいただいています。ベリー系の洋風ソース、醤油ベースの和風ソース、塩やわさびでシンプルに…とさまざまな味わいでどうぞ。

4456565_s
press to zoom
4857413_m
press to zoom
1/1

​牛肉

リブロース、肩ロースなどのロースの部位やサーロインは脂身を適度に含みます。サシを楽しみたいという方にはこういった部位のステーキがおすすめです。特にリブロースは脂身に甘みがあり肉質がきめ細かく柔らかいと、サーロインに並んで美味しい部位とされています。肩ロースは牛肉らしいほどよい食感があるので、噛むほどにお肉の旨みを感じられます。

豚肉

豚肉の部位は大まかに分けると「ロース」「モモ」「ヒレ」「肩ロース」「バラ」の5種類に分けられます。その中でステーキに適しているのは